宅配クリーニングはクリーニング店よりなぜ安いの?

宅配クリーニングはクリーニング店よりなぜ安いの?

店舗へ持ち込む地域密着型の店舗クリーニング店では、毎月の新聞折り込みの印刷代や配布費用、ポイントカード、割引券、季節ごとの広告・・・このような大々的な宣伝にお金をかけておられるそうです。また、広告費の他もに土地代や人件費などにコストがかかっています。

 

良く考えてみると、私は割引広告が入った時にしか利用していないことに気づきました。時々ポストに入るハガキや新聞広告を見てクリーニング店へ足を運ぶことがほとんどです。
○月○日までセール期間!と書かれている日にちまでに持ち込むようにしています。でも、その期間に間に合わないことも度々あり!行きたいとき行けないことも何度もありました。

 

話を元に戻しますと、店舗クリーニングは広告費や土地代が必要ですが、宅配クリーニングはインターネット上でお客様を集めているため、広告の経費が大幅に抑えることができ、その広告費を運送費やお客様のサービスの充実化に使っているのだそうです。

 

ですから、宅配クリーニングの価格は、送料をいただかない上に店舗のクリーニング店と同等もしくは少し安い値段設定になっています。

 

店舗クリーニングと宅配クリーニングの価格比較

店舗クリーニングと宅配クリーニングはどのくらい値段が違うのかを比較してみました。こちらの表は、私が利用していた近所のクリーニング店の価格で比較をしています。

店舗クリーニング1点

宅配クリーニング1点

宅配クリーニングパック

店舗型のクリーニング店

宅配クリーニングはクリーニング店よりなぜ安いの?

>>各公式ページで

リネット(※初回半額)

>>リネット公式ページ

せんたく便

宅配クリーニングはクリーニング店よりなぜ安いの?

>>せんたく便公式ページ

Yシャツ(350円) 230円 どの種類でも
5点で3,592円+税

10点で5,092円+税

1点超過ごとにプラス500円

 

ブラウス(550円)

※ 襟なし・飾りなし

570円
シャツ(550円)

※ネルシャツ等

570円
ジャケット(1,160円)

※スーツ上のみ

860円
パンツ(640円)

※スーツ下のみ

570円
ベスト(550円) 570円
スカート(550円)

※ひだなし

570円
ワンピース(1,000円)

※ひだなし

1,140円
カーディガン(550円) 570円
ハーフコート(1,500円) 1,520円
コート(1,800円) 2,000円
ダウンジャケット(2,000円) 2,380円
ダウンコート(3,500円) 2,980円
ネクタイ(550円) 570円
マフラー(550円) 570円

 

上手に出すと安くなる!
1点のクリーニング価格を確認して、何着出すかが決まればお得に出すことが可能です。店舗クリーニングで1点1,000円以上の衣類を5点以上出すなら宅配クリーニングのおまとめパックで出す方法が一番安くなります。その都度クリーニングを出すときに1点に対しての価格を確認し、お得な宅配クリーニングへ依頼するのがベストです。


トップページ 激安パック つめ放題 出せない衣類 Q&A